読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋トレッキング向上委員会(Seson3)

タイトルに偽りあり ほとんどラーメンのことばかりなり・・・

三重と和歌山と奈良とポケモンの旅⑤

家族旅行

f:id:hirabarimaru:20160826152339j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826152357j:plain

皆さん、こんにちは。

大槍太郎です。

 

暑い、暑い、暑い!!

日本全国そうだと思いますが、ここ名古屋も灼熱地獄でございます。

ま、そんなあたりまえなことはいいとして、しばらくご無沙汰しておりました、旅レポのその⑤でございます。

 

今日は朝から、今回の旅のメインテーマである筏下りにやってきました。

f:id:hirabarimaru:20160826152702j:plain

筏下りのスタートは、道の駅おくとろ。

この場所は、日本で唯一の飛び地、和歌山県北山村にあります。

飛び地というのは、和歌山県から離れた、三重県奈良県に隣接した場所で、大変めずらしいとの事です。

portal.nifty.com

偶然ですが、デイリーポータルZでもこの北山村と筏下りのレポートがありました。

f:id:hirabarimaru:20160826153212j:plain

で、その筏下りですが、通常の川下りと違う点はまさに筏に乗って川を下るということにあります。

上の画像のように。

f:id:hirabarimaru:20160826153347j:plain

ですから確実に濡れます。

f:id:hirabarimaru:20160826153438j:plain

一ヶ月前に予約を入れておきました。

ちなみに夏季のみのため、すぐに満席になります。

f:id:hirabarimaru:20160826153538j:plain

カメラ命のため、防水対策もバッチリ(貧乏臭)。

f:id:hirabarimaru:20160826153614j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826153627j:plain

受付も済ませ、いよいよ出発。

ちなみに筏はこの道の駅から15分ほどマイクロバスに乗ったところにあります。

f:id:hirabarimaru:20160826153736j:plain

やや緊張気味の婦人部。

f:id:hirabarimaru:20160826153829j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826153844j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826153852j:plain

バスに揺られること15分、相当山の中の筏下り出発地点に到着です。

f:id:hirabarimaru:20160826153954j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826154011j:plain

かなり急な階段を降りていきますと、オー!!

f:id:hirabarimaru:20160826154049j:plain

いよいよお待ちかねの筏とご対面。

一家三人の命を託す筏ちゃんです。

f:id:hirabarimaru:20160826154150j:plain

我が家は筏の先頭。

ライフジャケットを身につけいよいよ出発であります。

f:id:hirabarimaru:20160826154309j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826154324j:plain

すみません、思いっきり急流での撮影を試みようと思いましたが、片手ではどうしてもカラダが支えられないくらいのアップダウンを繰り返し、とてもカメラを構える余裕なし。

流れが緩やかなところでのみ、カメラを防水コンビニ袋から取り出しての撮影となりました。

急流以外の流れが穏やかな場所では、腰掛けることもできるのですが、椅子は水でベタベタとなるため、おしり敷き用ビニールを前もって貰ってあります。

f:id:hirabarimaru:20160826154649j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826154706j:plain

流れの緩やかな場所では少しカラダを川の近くまで下ろし、冷たい水に足をつけることもできます。

f:id:hirabarimaru:20160826154826j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826154806j:plain

しかし、激流になると、全員スタンドアップ

遊園地にはないスリルと涼しさを味わうことができます。

あ、ちなみにこのイケメン船頭さん、途中で落水しました。

最初はパフォーマンスだと思っていたのですが、マジ落ちしたそうで、今年は初めてだそうです。

f:id:hirabarimaru:20160826155139j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826155203j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826155216j:plain

途中でジュースのサービスもあり、楽しい1時間の川旅でした。

f:id:hirabarimaru:20160826155317j:plain

出発地点の道の駅に戻り、濡れた服を着替えて軽く昼食。

さあ、いよいよこの旅の最後の目的地点へGo!

 

その⑥に続く・・・。

 

【PR】

正田醤油株式会社

☆新商品☆おちょぼ口シリーズ「タイ風正油」を30名様へプレゼント♪

【PR】モニター当選 化学調味料無添加和風つゆ きわみ

モニター

f:id:hirabarimaru:20160826083506j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826083513j:plain

皆さん、こんにちは。

大槍太郎です。

 

本日は、一番食品様からご提供を頂きました、化学調味料無添加の和風だし「きわみ」をご紹介します。

f:id:hirabarimaru:20160826083622j:plain

ズッシリとした箱の中には、きわみシリーズの各だしつゆのセット。

食べ比べができるようです。

f:id:hirabarimaru:20160826083739j:plain

まずは、きゅうりの浅漬けを作ってみることにしましょう。

f:id:hirabarimaru:20160826083801j:plain

①皮を簡単に剥きます

f:id:hirabarimaru:20160826083857j:plain

②軽く塩もみしたきゅうりをタッパーに入れ、そこへ減塩きわみを投入(2袋)

f:id:hirabarimaru:20160826083953j:plain

③軽くレモンを少々

f:id:hirabarimaru:20160826084014j:plain

④あとは冷蔵庫で2時間ほど寝かせます

 

ね、簡単でしょ。

f:id:hirabarimaru:20160826084116j:plain

2品目は定番でありますが、夏の風物詩、そうめんを作りましょう。

 

【2時間ほど経過】

 

f:id:hirabarimaru:20160826084230j:plain

浅漬け完成。

さっそくハイボールで乾杯。

いい漬かり具合でありますな。

f:id:hirabarimaru:20160826084313j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826084326j:plain

そうめんの麺つゆは、各自お好みでセレクト。

ボクは、きわみ無添加だしつゆをチョイス。

f:id:hirabarimaru:20160826084520j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826084533j:plain

ネギをちらしたつゆはコクがあり、そうめんに良く合いますな。

市販の麺つゆですと、若干濃い目なので、たいていは水で薄めますが、このだしつゆはストレートがオススメ。

上品ですっきりとした、そうめんにぴったりのつゆでした。

 

この後、嫁にこのだしつゆは贈呈され、後日、なすの煮びたしも作ってくれたのですが、これまた夏にピッタリの美味しい味でした・・・。

 

【PR】

一番食品株式会社

一番食品MONIPLAサイトファンサイト参加中

 

【PR】モニター当選 お水がいらないうどん&ラーメン

モニター

f:id:hirabarimaru:20160826081443j:plain

皆さん、こんにちは。

大槍太郎です。

 

本日は、株式会社キンレイ様よりご提供頂きました、お水のいらない鍋焼うどんとラーメンをご紹介致します。

f:id:hirabarimaru:20160826081545j:plain

普通、うどんやラーメンを作るには、水は必須だと思うのですが。

f:id:hirabarimaru:20160826081620j:plain

どうやって作るのかまったく不明であります。

f:id:hirabarimaru:20160826081636j:plain

あ、1ヶ月に一度は食べたい横綱ラーメンもシリーズに入っていました。

食べるのが楽しみですね。

f:id:hirabarimaru:20160826081719j:plain

袋から出して鍋に入れるだけって、やっぱり書いてありますね。

f:id:hirabarimaru:20160826081827j:plain

で、袋の中身を見てみると、完全冷凍の麺と具材。

f:id:hirabarimaru:20160826081910j:plain

はは~ん、なるほど。

スープも一緒に冷凍になっているのですな。

f:id:hirabarimaru:20160826081942j:plain

後は、鍋に入れて弱火でコトコト。

f:id:hirabarimaru:20160826082012j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826082025j:plain

段々とスープが溶け出してきてますな。

f:id:hirabarimaru:20160826082111j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826082129j:plain

スープが完全に溶けたら、今度は強火で一気に仕上げます。

f:id:hirabarimaru:20160826082203j:plain

完成しました。

エビも入った具材たっぷりのうどんが出来上がり。

めちゃくちゃ簡単です。

f:id:hirabarimaru:20160826082304j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826082315j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826082325j:plain

f:id:hirabarimaru:20160826082332j:plain

せっかくですので、よく食べている横綱のラーメンも一緒に作ってみました。

作り方はうどんとまったく一緒。

大きいチャーシューもゴロゴロ入っています。

 

夏休み中の娘と一緒に昼ごはんとして頂いたのですが、うどんはコシがあり、スープも上品な味で、しかも具材も多く、食べ応えがありました。

横綱ラーメンは、お店の味との再現性の比較をしてみたのですが、スープはほぼお店のクロリティと同等。

麺の太さやコシは、やややさしい感じはするのですが、カップ麺などとは比較にならない美味しい横綱ラーメンを家で食べることができました。

 

手間いらず、しかも美味しい、お水のいらないうどん&ラーメン。

夏休みや土日のお昼などにオススメです・・・。

 

【PR】

なべやき屋キンレイ

なべやき屋キンレイファンサイト参加中

三重と和歌山と奈良とポケモンの旅④

家族旅行

f:id:hirabarimaru:20160813174057j:plain

皆さん、こんにちは。

大槍太郎です。

 

不覚にも、真夜中、温泉にひとりで入ることをもの凄く楽しみにしていたにもかかわらず、不覚にも寝落ちしてしまい、目が覚めたらもう明るくなっていました。

ですから夜の露天風呂未体験です・・・。

f:id:hirabarimaru:20160813173015j:plain

今、午前5時。

何時まで起きていたかは知りませんが、当然のことながら、爆睡中の婦人部の皆さん。

f:id:hirabarimaru:20160813173149j:plain

朝食の時間である7:30までに、三回の入浴を楽しみ、せっかく温泉に来ても、朝湯に行っていない婦人部を連れて、朝食会場のレストランへ。

f:id:hirabarimaru:20160813173321j:plain

f:id:hirabarimaru:20160813173744j:plain

f:id:hirabarimaru:20160813173759j:plain

おー、夕飯と同じく、なかなか美味しそうなラインナップでありますな。

てっきり、山の中の宿だけに、生たまごと海苔だけのシンプルな朝食をイメージしていました。

f:id:hirabarimaru:20160813173519j:plain

特にこのサンマの干物が美味しい。

醤油ベースのちょっと辛めの味がごはんを進ませます。

我が家の親戚に熊野の人がいて、よくこのサンマの干物を貰うのですが、ボクは塩焼きよりもこの干物のほうが大好きであります。

f:id:hirabarimaru:20160813173818j:plain

あと、初めて食べた茶粥。

シンプルな味だけに、水と米の味を確認できる、いかにもカラダに良さそうなおかゆさんでした。

f:id:hirabarimaru:20160813173919j:plain

さあしっかりと食べて、今日もスケジュールバンバンだぁー!!

 

その⑤に続く。

 

【PR】

効き続けるシャワー除草剤「ネコソギロングシャワー」

雑草で悩まれる方に朗報! 「ネコソギロングシャワー」体験モニター大募集♪

【PR】モニター当選 奥会津金山天然炭酸の水

モニター

f:id:hirabarimaru:20160810081240j:plain

皆さん、こんにちは。

大槍太郎です。

 

本日は、Metlasse Webショップ様からご提供を頂きました、奥会津金山天然炭酸の水をご紹介致します。

f:id:hirabarimaru:20160810081445j:plain

f:id:hirabarimaru:20160810081454j:plain

f:id:hirabarimaru:20160810081515j:plain

さて、我が家の炭酸水事情ですが、ほぼ毎日、プレーンで飲んだり、焼酎やウイスキーで割ったりと、欠かすことのない飲み物として利用しています。

f:id:hirabarimaru:20160810081240j:plain

今回は天然の炭酸水ということで、楽しみにしていました。

f:id:hirabarimaru:20160810081736j:plain

さあ、いつものお楽しみセットとのコラボによる、奥会津金山天然炭酸の水のインプレッションです。

f:id:hirabarimaru:20160810081723j:plain

まずはプレーンで飲んでみましょう。

炭酸水のいちばん美味しい飲み方はこのプレーンだと思っています。

味がないから飲めないとおっしゃる方も多くいらっしゃいますが、それは間違いです。

余計な味が付いていないからこそ、炭酸水の美味しさを直接味わうことができます。

特に、朝、寝起きに飲む炭酸水の美味しさは格別なものです。

会津金山天然炭酸の水のプレーンは、まろやかな甘さを感じる飲みやすさと、程よい炭酸のガス圧が、朝の一口には最高かと思いました。

f:id:hirabarimaru:20160810082136j:plain

ささ、今度はウイスキーで割ってみましょう。

炭酸水の味を損なわない程度に、いつもより薄めで作ってみます。

たまりませんな、喉を通過するときの炭酸の刺激と、ウイスキーとの相性も絶妙。

ちょうど用意したグラスと、奥会津金山天然炭酸の水の瓶1本がぴったりですので、クイクイと2本も炭酸水を空けてしまいました。

f:id:hirabarimaru:20160810082413j:plain

今年のような猛暑には、さわやかなのどごしを味わえる奥会津金山天然炭酸の水はピッタリだと思います。

たいへん美味しかったです・・・。

 

【PR】

奥会津金山天然炭酸の水-オンラインショップ-

Metllasseファンサイト参加中

三重と和歌山と奈良とポケモンの旅③

家族旅行 温泉

f:id:hirabarimaru:20160802011953j:plain

皆さん、こんにちは。

大槍太郎です。

 

途中で道に迷うというアクシデントに見舞われたものの、何とか無事に宿に到着しました。

f:id:hirabarimaru:20160802012218j:plain

f:id:hirabarimaru:20160802012316j:plain

館内は今年リニューアルされたばかりで、まだ木の香りがします。

窓からは紀の川が一望でき、何と嬉しいことにWi-Fiが利用可能。

館内どこでも自由にWi-Fi接続が可能でした。

但し、いくらWi-Fiが使えてとしても、ポケモンは禁止です!!

f:id:hirabarimaru:20160802013604j:plain

何はともあれ、まずは道中でかいた冷や汗を流しに、温泉へ行こうではありませんか。

f:id:hirabarimaru:20160802013650j:plain

f:id:hirabarimaru:20160802012716j:plain

源泉名:入鹿温泉(アルカリ性単純泉

f:id:hirabarimaru:20160802013805j:plain

f:id:hirabarimaru:20160802013815j:plain

f:id:hirabarimaru:20160802013822j:plain

広い風呂を完全貸し切り状態で利用できました。

源泉掛け流しではなく、循環型の温泉ではあるようですが、露天風呂からの眺めも良く、温度もそれほど熱くないため、ゆっくり肩までお湯につかりながら、一日の疲れを癒やします、ふ~っと。

f:id:hirabarimaru:20160802014058j:plain

f:id:hirabarimaru:20160802014105j:plain

湯上がりに、部屋へ直行せず、涼みがてらに散歩。

実はこの入鹿温泉に宿を取ったのには大きな理由がありまして。

f:id:hirabarimaru:20160802014221j:plain

f:id:hirabarimaru:20160802014250j:plain

f:id:hirabarimaru:20160802014314j:plain

実はコレ、トロッコ列車

この入鹿温泉ホテル瀞流荘から、となりの湯治場、湯ノ口温泉までの間を一日数便、トロッコ列車が往復しており、このトロッコに乗って、温泉間を行き来できるのです。

 

元々、ここには紀州鉱山があり、その坑道とトロッコ列車を利用したこの温泉往復をぜひしてみたかったのです。

本当なら今日、このトロッコ列車に乗るつもりだったのですが、途中の道迷いによるタイムロスで、残念ながら最終便に間に合うことができませんでした。

f:id:hirabarimaru:20160802014614j:plain

しばらく駅のベンチで涼んでいますと。

f:id:hirabarimaru:20160802014642j:plain

f:id:hirabarimaru:20160802014656j:plain

f:id:hirabarimaru:20160802014705j:plain

湯ノ口温泉からの下り最終列車がゴトゴトとやって来ました。

明日、何とか時間を作り、この列車に乗る予定です。

f:id:hirabarimaru:20160802014831j:plain

f:id:hirabarimaru:20160802014904j:plain

f:id:hirabarimaru:20160802014918j:plain

部屋へボチボチと帰ってきますと、今度は夕食の時間。

今夜の献立は、熊野牛の陶板焼きをメインとした料理でした。

山の中の宿の料理なので、それほど期待していなかったのですが、思わぬごちそうにビールも進む進む。

f:id:hirabarimaru:20160802015133j:plain

いつも以上にしっかりと食べ、かなり満腹状態の婦人部。

f:id:hirabarimaru:20160802015247j:plain

f:id:hirabarimaru:20160802015228j:plain

食事を終えて部屋へ戻りますと、嬉しいことに布団がもう敷かれています。

「嗚呼、幸せ♪」とばかり、布団に飛び込む婦人部。

お行儀の悪いこと山の如し。

f:id:hirabarimaru:20160802015420j:plain

その後、「ちょっと温泉に言ってくるね♪」と出かけた2人を見送った後、まったく記憶がなく、知らない間に寝てしまいました。

朝までぐっすり・・・。

 

その④に続く。

 

【PR】

大黒食品工業株式会社

【中華そば・塩中華そば】昭和が薫る懐かしの味で舌鼓♪

三重と和歌山と奈良とポケモンの旅②

家族旅行 寿司

f:id:hirabarimaru:20160801143413j:plain

皆さん、こんにちは。

大槍太郎です。

 

和歌山県新宮市までやって来た大槍家一同、無事、熊野那智大社の参拝を終え、空腹を抱えて辿り着いたのがココ、廻鮮寿司錦さんです。

tabelog.com

f:id:hirabarimaru:20160801143759j:plain

時刻はすでに14:00を過ぎ、飢餓状態で席につきます。

f:id:hirabarimaru:20160801143928j:plain

ランチセットがまだ注文可能とのことでしたので、握りうどんセットをセレクトしました。

f:id:hirabarimaru:20160801144036j:plain

f:id:hirabarimaru:20160801144048j:plain

f:id:hirabarimaru:20160801144058j:plain

握りうどんセット880円。

お値打ちですね。

珍しい鰻のにぎりが美味しかったです。

f:id:hirabarimaru:20160801144314j:plain

f:id:hirabarimaru:20160801144540j:plain

穴子ではなく、珍しい鰻のにぎりがとても美味しかったです。

 

さて、お腹もふくれ、今夜の宿へ向かいましょう。

ここから1時間ほど走った山の中の温泉、入鹿温泉ホテル瀞流荘というところです。

早速ナビに登録をして、新宮市からすぐの川沿いのワインディングロードを気持ちよく走り始めました。

f:id:hirabarimaru:20160801145423j:plain

ところがです。

ナビ通りに進んで行くと、段々と道が細くなり、ところどころガードレールがないカーブなども出現。

ちょっと心細くなってきましたが、ナビを信じて慎重に走ります。

県境もかなり込み入っているらしく、和歌山県を走っていると、急に奈良県十津川村の看板、そして三重県に入り、そしてまた和歌山県と、段々と自分がどこにいるのか分からなくなってきました。

それでもあと10分ほどでホテルというナビ表示のところで、急に目の前に怪しげなトンネルが出現。

後部座席の婦人部が、「え~、本当にこの道なの!?怖い!!」と言い始めます。

さっきまでグーグーと寝ていたくせにいい気なもんです。

「ナビがそう言っているんだから正しいのだ!!」と断言し、果敢にトンネルに突入します。

f:id:hirabarimaru:20160801145904j:plain

「怖い!!」。

確かに本当に怖いトンネルです。

明かりが殆ど無く、霧が発生しているのか、視界がまったくありません。

車幅もメチャクチャ狭く、対向車が来たら間違いなくアウトです。

それよりも何よりも不気味で、メチャクチャ緊張しました。

 

そして何とかトンネルを抜けると、そこは行き止まりでした( ;∀;)

ここで婦人部からもの凄い集中口撃を受け、仕方なくホテルに緊急電話。

どうやら今まで走ってきた道は旧道で、現在はバイパスが完成しており、そちらからアクセスして欲しいとの事でした。

ガーン!!二度と通りたくないトンネルをまた逆走、もう三度は絶対に通りたくないです。

ナビ(富士通テン)をまるっきり信用した結果、40分ほどのロスタイムとなってしまいました。

f:id:hirabarimaru:20160801150543j:plain

f:id:hirabarimaru:20160801150553j:plain

何はともあれ、やっとのことでホテルに到着しました。

本日の宿、三重県熊野市紀和町にある入鹿温泉ホテル瀞流荘です。

f:id:hirabarimaru:20160801150649j:plain

マジ、疲れたぁぁぁ・・・。

 

その③に続く。

 

【PR】

鎌田醤油販売元 鎌田商事株式会社

【鎌田人気No.1】だし醤油と低塩だし醤油 30名様募集!!