読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋トレッキング向上委員会(Seson3)

タイトルに偽りあり ほとんどラーメンのことばかりなり・・・

オフ会で思わぬ収穫

アマチュア無線

f:id:hirabarimaru:20160427155149j:plain

皆さん、こんにちは。

大槍太郎です。

 

今日はお休みということで、とあるところへドライブに行って来ました。

f:id:hirabarimaru:20160427155311j:plain

この男に会うために。

f:id:hirabarimaru:20160427155328j:plain

このゴリラのようなゴツい男。

f:id:hirabarimaru:20160427155346j:plain

古くからの友人である、M原電器くんです。

彼は、我が名古屋トレッキング向上委員会の奴隷として入隊し、第二期正規隊員となった男です。

いろんな山に一緒に出かけたり、また、ボクが山小屋の管理人時代には、わざわざウイスキーを差し入れに槍ヶ岳まで来てくれた、顔は怖いですが、心優しい男です。

f:id:hirabarimaru:20160427155656j:plain

f:id:hirabarimaru:20160427155707j:plain

彼が勤めている会社で扱う、廃材となったタイルを頂くことが今回の訪問目的でありました。

f:id:hirabarimaru:20160427155804j:plain

ガラスタイルという製品だそうで、このタイル、間違うと指がスパっと切れてしまうくらいの鋭角にカットされているんですが、平気で素手でガチャガチャと、「これなんかいいんじゃない!?」なんてセレクトしてくれます。

この男、どんな皮膚をしているのでしょう。

f:id:hirabarimaru:20160427160033j:plain

ドロップみたいに綺麗なガラスタイル。

こんなにたくさんの色を貰えるとは思いませんでした。

ぜひ、何かに有効利用しようと思います。

f:id:hirabarimaru:20160427160123j:plain

f:id:hirabarimaru:20160427160134j:plain

しかし何ですな。

この男ほど、刈り上げの似合うヤツはいませんな。

ボクも数十年坊主頭をしているのですが、坊主とちがい、ソフトモヒカンというんでしょうか。

彼の後頭部を見ながら、一度、ボクもこのソフモヒをしてみたくなりました。

f:id:hirabarimaru:20160427160404j:plain

今度は場所を変えまして、社員駐車場でのランチタイム。

f:id:hirabarimaru:20160427160450j:plain

偶然ではありますが、世代の違うムーブオーナーであり、色もホワイト。

f:id:hirabarimaru:20160427160555j:plain

f:id:hirabarimaru:20160427160609j:plain

M原電器くんは、ボクと同じく、アマチュア無線免許所持者であり、愛車にも無線機とアンテナを搭載しております。

先日のブログにも書いたと思いますが、この車と我が家とで、名古屋~多治見間の無線交信をしたということです。

こんな短いかわいいアンテナで長距離交信ができてしまうのですから、アマチュア無線も捨てたもんではありませんね。

f:id:hirabarimaru:20160427160832j:plain

電気関係に強いため、昔からいろいろ彼には教わってきたのですが、車関係にも造形が深いようで、エンジン内にもオリジナルのカスタマイズをしているようです。

f:id:hirabarimaru:20160427160951j:plain

そこで、ちょっと気になることがあったんで、彼に聞いてみました。

「なあなあ、このタイヤなんだけどさ、まだイケそう??」。

f:id:hirabarimaru:20160427161054j:plain

「はあ?溝はまだ良さそうだけど、完全にひび割れが始まってるじゃん。これから暑くなると、膨張してヤバいよ。早めに履き替えないとダメだね!!」。

確かに明らかなひび割れが4本すべてに発生しており、原因としては、ローテーション作業を怠っていたことだそうです。

「おっしゃるとおりでございます」。

明日、早速タイヤを履き替えることにします。

 

彼の貴重な昼休憩にお邪魔をし、おみやげやタイヤチェック、そして近況報告や、今度彼がドローンを購入する計画があるなどの極秘情報も入手することができ、ひじょうに有意義なオフラインミーティングでした。

 

M原電器くん、今日はありがとう。

またお茶でも一緒に飲もうぜ!!

 

補足:アマチュア無線家どうしが直接会うことを、アイボール(またはアイボールミーティング)といいます。

アイボールとは目のことを言い、いつもはマイクだけを通しての交信相手と、顔を付きあわせての会話から、この俗語ができたそうです。

まだに今日は彼との久しぶりのアイボールミーティングだったと言えます。

 

【PR】

フローリングになじむ、6個口コンセント

フローリングになじむ、コンセントタップのモニターを5名募集